ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ

ブラックユーモアが特徴の作品で知られるイギリス人現代美術家、デイヴィッド・シュリグリーによる日本初の大規模個展。本展では、人気の高いドローンイングを圧倒的なボリュームで展示するほか、アニメーション映像から、剥製の彫刻、芸術を揶揄する作品まで、シュリグリーの多様な活動を国内で初めて包括的に紹介します。
デイヴィット・シュリグリー「虫―無題(413店の彫刻)」2007年
撮影:Marcos Garcia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.