岸田劉生と椿貞雄

大生期の写実絵画の異才岸田劉生(1891-1929)とその弟子椿貞雄(1896-1957)。この府たちの運命的な出会いは、椿が劉生に教えを請う手紙を出したことから始まります。本展では、劉生と椿の作品や書簡など資料類を展示し、二人の木綱と追い求めた写真の美に光を当てます、「内なる美」を生み出した劉生ち「愛情の画家」となった椿の軌跡を辿ります。
椿貞雄「彩子とミモザ」1954年 米沢市上杉博物館

会場
笠間日動美術館 企画展示館
日程
2017.10.4~12.17
時間
9:30~17:00(入館受付16:30まで)
問い合わせ先
笠間日動美術館 0296-72-2160

イベント地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.