第37回石下将門まつり

将門公の遺領旧豊田群に伝わる盆踊りであり。長い励起子の中で現代に受け継がれた全国的にも数少なし大衆民族舞踊のひとつ。約600個の提灯で美しく飾り立てられた会場では、独特の調子にふるさとの郷愁を精一杯漂わせたお囃子や唄に合わせ、参加者は一体となって「将門踊り」と「常総音頭いやどうも」を踊ります。踊りの振り付けは比較的簡単で溶け込みやすく、誰でも参加することができます。さらに。子ども舞踊、キッズダンス、よさこいソーラン、プロスポーツチームの登場、花火ショーなど、様々な演目でまつりを盛り上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.